​お母さんの味にこだわった

​Oh mammyの "Hakko Curry"

そのうちに、香ばしく芳しい、
スパイスの香りに店内が包まれて

私のお腹はたちまちぐぅーとなり始め
もう、カレー以外の食べ物は考えられない!(笑

その香りに誘われて、お客様も皆こぞって
カレーを注文していたなぁ。。。


大好きな食べ物の香りは、
カレーと、パンが焼けるときの香り。
無条件で幸せを感じる。


そのカレーは、「美味しい」を超えた
彼女の思いのこもった、体も心もあたたまる、
特別なカレーでした。

母のカレーを超えるカレーには
未だに出会ったことがありません。

発酵カレーの​INGREDIENTS

ある時期から発酵食や微生物に興味を持ち
腸内環境こそが健康のカギを握っていることを知り、
発酵についての学びを深めていきました。


腸は「第二の脳」と言われています。
脳は感情や心の状態を司っています。

発酵食で腸内環境が良くなれば、
身体も脳も心も、すべてが整うのです!


私は「発酵」を通して、みんな健康で、
爆笑しながら生きてほしい。

その想いから、日本人のソウルフードを掛け合わせた
「発酵カレー」にたどり着いたのです。


以前に学んだ薬膳の知識も取り入れ、
体に負担のない、健康効果の高いカレーを作りたくて

日本のカレーの美味しさはそのままに、
いや、それ以上を目指して。

 

長い間温めて、試行錯誤を繰り返し、

たっぷりの野菜とアクセントの果物、スパイス各種に加え
 

ミキ、酒粕、ホエイ、玄米酵母菌、柿の酢、

黒にんにくなどと合わせ、赤ワインで煮詰め
 

やっと生まれたのが、この

「発酵カレー ”Signature Hakko Curry” 」です。

母が、お客様が喜ぶ姿を思いながら

時間をかけて一生懸命作っていた

カレーへの思いを胸に刻み

私もバトンタッチして。

元木マミの、カレーの原点

「なぜカレーなの?」と人から聞かれ、

カレーについて思い巡らせていると、
様々な場面が、頭の中によみがえってきました。

真っ先に浮かんできたのが、母の姿。

私の実家は横浜で、様々な飲食店を営んでいました。

15歳の時に父が亡くなり
母は、女手一つで
喫茶店を切り盛りしていました。

そこで作っていた、母の本格カレー。

美味しいカレーを作るために
時間をかけて、目を離すことなく
小麦粉をゆっくり1時間強ほど
琥珀色になるまで炒める。

時々、疲れて痛む右腕を振りながら
根気と体力を要する作業をしていた母の姿。

日本人のソウルフード

それから時を経て、私も結婚し
アメリカで暮らし、子育てしていく中で
同じ位の年齢の子供を持つ
日本人のママ友が増えていきました。

何かイベントがある毎に登場する食べ物は
いつも「カレー」でした。

大人も子供も集まって、大喜びで、
大笑いしながら食べられる
皆が大好きなカレーライス。

カレーは、日本人にとっての
ソウルフードの一つだと思います。


ただ、一つだけ残念に思っていたことは
ついつい食べ過ぎてしまった後の、胃腸の不快感。

市販のカレールーには大量の「ラード」が
使用されているせいでしょう。

体調が優れないときは特に、
体への負担が大きいと感じていました。

体も心も喜ぶカレー

大好きなカレーを、罪悪感なく、
身体スッキリおいしいね、が合言葉で

皆さんに、”お母さんの味” を感じていただけるように。

そんな風に食べてもらえることが、私の心からの喜びです。


皆様から返ってくる笑顔と信頼が、
最高のエネルギー源!

たくさんの可能性を秘めたカレーを
これからも、もっと工夫を重ねて
さらに美味しく、体と心が喜ぶ発酵カレーを
作っていきたいと思っています。


是非とも、Oh mammyのカレーを味わってみてください。

そして、感じたことやリクエストやご意見があれば
是非お聞かせくださいね。

今後の展開もどうぞお楽しみに!

目には見えない微生物が

時間をかけて生み出すのは

”旨み”だったり”香り”だったり。

これが発酵の醍醐味。

Join our mailing list for updates

Copyright © 2019 Oh mammy LLC All Rights Reserved

  • Facebook
  • Instagram